この恋と、その未来。 -一年目 春-【あらすじネタバレ感想】恋は心でするのか、体でするのか

あらすじ

『東雲侑子』のコンビで贈る、ためらいと切なさの青春ストーリー登場。

超理不尽な三人の姉の下、不遇な家庭生活を過ごしてきた松永四郎。
その地獄から逃れるため、新設された全寮制の高校へと入学を決めた彼は、期待を胸に単身広島へ。
知らない土地、耳慣れない言葉、そして何よりもあの姉達との不条理な日々から離れた高揚感に浸る四郎だったが、
ルームメイトとなった織田未来は、複雑な心を持つ……女性!? 
四郎と未来、二人の奇妙な共同生活が始まる――。

(ファミ通文庫より)

感想・レビュー

このライトノベルがすごい!ノミネート歴:《2015》第九位、《2017・文庫部門》第十位

ラノベでFTMを扱った題材という事で前々から気になっていてやっと読了。

恋は心でするのか、体でするのか。この冒頭の引きが良いのに、終盤までだらだらと尺を取るのでそこが勿体ない。

ただラスト付近でやっと見たいシーンがあり及第点。

広島が舞台で、そのあるあるネタも良い感じに楽しめました。

本当はもう少し早く見せて欲しかった反面最後、未来の友達でいてくれのセリフが効いてくるから憎めないのも真実。

四郎には性欲と恋愛は別だからよく考えなさいと言ってやりたいがまだ童貞高校生なのでその葛藤に確かなリアリティーを感じた。

今後二人の関係性がどう発展していくのか気になる。

紹介した本