ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編6【あらすじネタバレ感想】綾小路清隆、ついにラスボス確定か!?

あらすじ

「ねえ堀北さん。櫛田さんを残したのは本当に正しかったって言えるの?」

満場一致特別試験の代償は大きく、綾小路たちのクラスには大きな亀裂が入ってしまった。櫛田、長谷部、王の3人が学校を連続欠席。体育祭の詳細が発表されるが、堀北への反発からミーティングは紛糾、綾小路クラスは練習すら始められない。大きなポイントを得てクラス昇格を果たしたはずが、このままではマイナスの結果になりかねない。3人の生徒のクラス復帰に向けて堀北や平田が動き出すが……。一方個人の実力が大きく影響を及ぼす今回の体育祭。小野寺は最良の結果を求め、須藤との共闘を申し出て――!? 
「私は認めない。この先何人が堀北さんを認めたとしても、私は絶対に認めない」
選択の先に待つ未来は光か闇か。

(MF文庫Jより)

感想・レビュー

よう実ファンの皆さま、ごきげんよう。

もう読みましたか、皆さん。

これって、ねぇ、もう、はぁ(興奮気味)

最後の綾小路の独白がありましたけど、やっぱりあれってラスボス確定演出ってことでいいんですよね!?

めっちゃ鳥肌たちましたよ。笑

いよいよダークファンタジー突入、いやちょっと違うか。

最近は漫画もあまり読みませんが、私の一番好きな漫画の「進撃の巨人」も、主人公のエレンがラスボスでしたし、まぁ私は多分そういう主人公が好きなんでしょうね。笑

ただじゃ終わらねぇよ、というのがたまらなく面白いんですよね。

いやぁ、それにしても毎度面白すぎますね、相変わらず。

今巻の表紙は、意外と初の須藤と小野寺でしたね。

確かに読み終えてから、内容的にも須藤が妥当だと思いました。

ではぼちぼち感想を書いていきます。

(一応、ネタバレにはご注意下さい)

まず本作の要点を纏めると。

  • 前巻の満場一致試験にて、Cクラスの佐倉愛里が退学、その後
  • 堀北クラスBクラスに昇進、Cクラス・一ノ瀬、Dクラス・龍園
  • (王、長谷部、櫛田)が登校拒否
  • 二度目の体育祭(今年から南雲によるルール変更、観覧あり)
  • Aクラス包囲網(龍園と堀北による共闘)
  • 須藤の成長
  • 綾小路清隆と坂柳有栖の対話(卒業までの目的)

ざっくりと纏めるとこんな感じです。

佐倉愛里が退学、その後の堀北クラス

まずは何をいってもこの話から。

一年時の池に続き、佐倉愛里が退学。他クラスは、誰一人退学者を出さず、唯一堀北クラスだけがクラスポイントを獲得。

一番残酷な選択をした報酬は大きく、ついにBクラスにまで上り詰めることに成功した。

あと茶柱先生が、満場一致試験により、成長したので、とても優しく、協力的な姿勢になったというのもAクラスを目指す上では、良い好材料となりました。

だが二人目の退学者を出すことになった堀北クラスは、それと同等、以上の代償を背負うことに。

前回の池の時は、坂柳有栖の罠などもあり、また池自身のせいもあってかまだ状況がマシでしたが、今回の満場一致試験の傷跡、代償は大きく、今まで史上最大のものになりました。

まず王、櫛田、長谷部が一週間の登校拒否

その他にも櫛田桔梗の本性暴露による篠原たちへの被害、佐倉愛里の退学、櫛田残しによる堀北の約束破り、ここに来て主導権を握りはじめた綾小路への不信感などが伴い、多くのクラスメイトに歪みが生まれていきました。

もちろん、高円寺や軽井沢などそこまで影響を受けていない生徒もいます。

それぞれに理由はありましたが、平田、綾小路、堀北の頑張り、龍園クラスの伊吹の力などを頼りに、三人は何とか登校を再開します。

解決方法も伊吹と堀北コンビは相変わらずで、面白く読めました。なんか伊吹ってシリーズが殺伐とすればするほど可愛いらしいというか、良い緩和剤になってきてますよね。笑

櫛田に関しても、前巻の感想でも書きましたけど、やはり他クラスにスパイ的な能力が使えるようになったのは非常に強力で、さっそく活躍しましたね。

ただ長谷部波瑠加だけは、堀北と綾小路を絶対に許さない、復讐するとのことで、三宅の恋愛模様と交えて、この二人は今後どうなるのか心配ですね。

これは仕方ありませんし、むしろ綾小路たちがいるせいで私たちも感覚がおかしくなってますが、高校生としては当然の感情であって、この高度育成高校としては、マイナスなだけ。笑

だけどもしこのまま波瑠加が考えを変えないようなら、待ち受ける未来は退学しかない。それに三宅も怪しく、幾ら二人とも平均的な生徒とはいえ、これ以上の退学は避けたいところ。

と思っていましたが、最後の綾小路の独白で、少し状況が変わってきそうな気がしているので、もしかしたら二人はいい感じに堀北クラスと共闘出来る可能性もないわけではなさそう。

あと気になったところが2つだけありまして、

  • 佐倉愛里が退学直前に5000プライベートポイントを使用していた
  • 王(みーちゃん)が登校拒否時に、毎日誰かが食事を部屋の前に置いてくれた(差出人は不明)

この2つの謎は、今巻では結局明かされませんでした。

佐倉愛里の退学決定後のポイント使用に関しては、校則的にもグレーゾーンらしく、茶柱先生によると、どうやら綾小路にも関わりがあるらしく、綾小路がポイントを補填する形で一応、終息。

今後この2つの謎は、どう明かされ、どんな内容なのか、気になるところですね。

二度目の体育祭(新ルール、Aクラス包囲網)

はい、体育祭ですね。去年の堀北会長と綾小路の対決は熱くなりましたし、まだ確か5巻くらいで、綾小路の公な場での能力解禁もこの時は初だったかと思います。

今回は南雲生徒会長によるルール変更が行われ、紅白組分けは撤廃。チーム戦及び、個人戦にも多くのポイント増加が見込めるような実力主義な形になりました。

で面白かったのが内政ですね。

堀北と龍園が手を組む為の首脳会談がはじまりました。笑

隠密な話し合いといえばいつものカラオケボックスはお決まりで、Dクラスからは(龍園、葛城)、Bクラスからは(堀北、綾小路)というメンツで。

まぁここまで読んできて、龍園と綾小路が出揃ってワクワクしない読者はいないっすよね。笑

詳細は是非とも読んで味わってもらいたいので、省きますが、大まかに書くと「オレンジジュースのくだり」、「葛城の龍園補佐のその信頼、安定感」、「堀北の成長による龍園独自の見解」など、ニヤニヤと読ませて頂きました。

やはり龍園が絡むと、場に緊張感が走るので相変わらず渋く、かっこいい展開になるのがたまらなく良いですよね。

そして共闘契約に成功し、Aクラス包囲網が完成。だがこれには、坂柳有栖を体育祭から必ず欠席させることが条件で、そこで綾小路が役に立つことに。

この辺は、以前からも匂わせてましたが、今年の体育祭は来賓があるので、ホワイトルームからの刺客を断つには、なるべく綾小路には体育祭には出ないようにと、戻ってきた坂柳理事長から直接コンタクがあったので、上手く繋がりました。

なので、当日は綾小路と坂柳だけが欠席となりました。

道中、高円寺の個人戦の活躍宣言や、南雲生徒会長と綾小路のくだり、一年の天沢と綾小路の絡みもありました。

体育祭当日は、Aクラス包囲網などの影響もあり、堀北クラスが1位に、龍園クラスも二位に、最下位はAクラスに。これって思ったんですけど、Aクラスがイベントや試験でビリになるのって地味に初ですよね。

私の記憶違いだったらすみません。

あとは堀北と伊吹の共闘や、小野寺と須藤のスポ根などがあり、面白く読ませて頂きました。

須藤と小野寺のタッグは、すごい匂わせな描写がありましたが、恋愛には繋がらず、相変わらず須藤は鈴音一本勝負で。笑

ただ須藤はそれ以上に収穫を見せました。一年の宝泉と戦い、更に良い方向に精神的成長を見せたことは、ますます堀北クラスの隙が無くなったことを意味しますよね。

綾小路清隆、ついにラスボス宣言か!?

さてトリですね。

まず欠席同士の坂柳が綾小路の部屋にやってくるという最初で最後のような展開に。

そこで互いの真の目的が垣間見えたりしつつ、互いの共通点を再認識。

それはAクラスとして卒業しても、二人ともメリットがほぼほぼ無いということ。これは高円寺にも当て嵌まることですね、親の権力もあるし、金もあるので、成り上がりがないんですよね。

ただその中でも綾小路はもっと特別で、卒業後はホワイトルームへの帰還が確定しているということ。

そして綾小路の内面独自で、最後は堀北クラスを拔けて、壁となって立ちはだかり、絶対強者には負けるのが社会だということで敗北を学ばせるーーと。

いやぁ、痺れましたねぇ。だけど綾小路は同時にそうならない未来を欲しているようなことも書いてあったので、そこが何か大事なポイントになるのかもしれませんね。

ということは、やはり想定通り軽井沢とも終わりますし、何よりどのクラスに移籍するのか。妄想が止まらない。

個人的には、一ノ瀬クラスだけはないと勝手に思ってるのですけど、もし龍園クラスとかなら最後の壁としては、もうめっちゃ激アツですよ!

トモセさんの綾小路が龍園クラスに加わった集合イラストとか、堀北クラスとの対立イラストとかあったら見てぇ、てか絶対買う!笑

すいません、つい興奮して取り乱してしまいました。笑

今回初めて報酬にクラス移籍チケットが出てきましたけど、今後出てくるのか、はたまた2000万プライベートポイントを誰かが出し、綾小路を引き抜くのか。

はい、まだわかりませんからね。大人しく見守りますよ。笑

あと気になったこともあって、坂柳との特別授業の描写がピンとこず、あれはどういう意味だったのかイマイチ理解できませんでしたが、今後わかるのでしょうか。

あ、坂柳クラスに移籍するってことなのか?

まぁ今後の展開を楽しみに待ちましょう。

そして最後の波瑠加と三宅のイラストと2ページは、やはり次巻に繋がるのか。不穏な終わり。

まとめ

さて、長く書きすぎましたので、手短に。

ついに、アニメの第二期?が決まったようで、衣笠先生のあとがきでも書かれていました。

テンションの上がり方が伊吹と同じでめっちゃ笑いました。

おめでとうございます!

『ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season』公式サイト

個人的には、よう実をアニメで魅せるのは、凄く難しいと思ってるので、原作を楽しみに待ちます。

アニメ化は新規読者が増える良いきっかけですし、何より、原作が売れ続けるくらいの面白さがあってこその二期決定だと思うので、まさに実力で勝ち取ったものだと思います。

では、この辺でお開きとさせて頂きます、お疲れ様でしたぁ。

えっ、でも続編ってことは七巻の龍園までやるのかなぁ…ブツブツ(なんだかんだ楽しみな自分がいる。笑)

関連記事

紹介した本