ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編 3【あらすじネタバレ感想】前代未聞の全学年無人島サバイバル試験開幕!

あらすじ

大人気学園黙示録が2年生編に突入! 第3弾!

常夏の無人島を舞台に、全学年で得点を競い合うサバイバル試験がついに開始された。得点を得る方法は2つ。毎日一定時間ごとに指示される指定エリアを訪れることと、無人島内に設置された課題を条件通りにこなすこと。グループ人数が多いほど有利かつ、退学の可能性も減る試験内容。2週間という長丁場かつ、水や食料の補給も考える必要のある過酷な試験。さらに月城理事長代理は学生同士の小競り合いを試験中は容認するらしい。そんな中単独行動で状況を窺う綾小路だが、1年Dクラスの七瀬翼が同行を申し出る。メリットのない奇怪な行動だが七瀬の出方を知るため綾小路はそれを受諾。2人組での無人島走破が始まる!

(MF文庫Jより)

感想・レビュー

ついに無人島試験開幕。序盤はかなり複雑なルール説明があるので、完全にはついていけないが、それもだいたい平常運転か。

やはり読者としては、どういう流れの展開になっていくのかが気になりますが、今巻もやはり面白かったです。

綾小路が単独で試験に挑み、前回ラストで明かされた一部の七瀬が急接近し、行動する。

池や須藤、その他のメンバーも少ないながらに出番があったものの、流石にキャラが増えずぎて無人島試験では全部はやりきれないだろうとは思うが、短編集で補足はあるだろう(それでも全部はやれないだろうが)。

だがそれほどまでにこの作品のキャラとキャラの人間関係が、今後どういう風に動いていくのか見てみたいところも魅力なんだろうなぁと思います。

高円寺は中々の規格外を見せていて、まさに作品内でも書いてあるが、麒麟児。今後にも注目。

そしてほんのワンシーンしかなかったが、龍園と葛城のところの挿絵がもうエモいというか、良すぎて笑ってしまう。なにあれ、って感じ。

トモセ氏のイラストはやはり毎度いいなぁ。

最後に七瀬との件があり、その真相が明かされる。これは一年生編の伏線回収とも言えるか。

綾小路は七瀬をまるで子供扱いだったので、相変わらず綾小路さん、、って感じか。

月城側も想定内ですっ、って感じで一ノ瀬さんが重要な情報を知ってしまう、キーキャラクターになりそうな予感はある。

さて、櫛田さんも中々な試験になっており、やはり一年天沢の底が見えない。

そして綾小路と軽井沢との展開も一歩進んだ。どこか雰囲気に違和感を覚えるのは自分だけだろうか。それがホワイトルーム最高傑作の異質さとも思えるが。

だが今後同じような進み方をしないのが衣笠氏の天邪鬼的面白さなので、後半戦の4巻に進みたいと思います。

追伸:ていうか最後のイラスト誰か棒みたいなの持ってなかった?笑

紹介した本