ソードアート・オンライン 11 アリシゼーション・ターニング【あらすじネタバレ感想レビュー】(電撃文庫・川原 礫)

あらすじ

ウェブ上で最も支持を得た超人気エピソード!アリシゼーション編、第三幕!

キリトが謎のファンタジー世界に入り込み、ユージオと出会って二年が過ぎた。≪北セントリア帝立修剣学院≫の≪上級修剣士≫となった二人は、人界最強の秩序執行者≪整合騎士≫目指し、修行の日々を過ごしていた。 ≪上級修剣士≫のキリトとユージオには、身の回りの世話役があてがわれる。キリトにはロニエ、ユージオにはティーゼ。四人は互いに絆を結び、充実した修士生活を過ごしていた── その時。 突然、≪悪意≫はやってきた。 ロニエとティーゼが、≪上級修剣士≫の下劣な貴族達の罠に嵌められる。それを知ったユージオは彼らに対して剣を抜こうとするも、教会への信仰心で身体が動かない。その時、ユージオの右目に凄まじい激痛が貫き、奇妙なしるしが浮かび上がる。 それは、ユージオには読めない神聖文字の羅列だった。 ── 【SYSTEM ALERT】。

(電撃文庫より)

感想・レビュー

みなさんご存知の通り、ロニエとティーゼが表紙なので、あのえげつない回だったのでしょう。

何やらWEB版時代ではもっと悲惨な感じだったとか。

その後キリトたちは一気に学校編から整合騎士とのバトルになっていく流れ。

ということは整合騎士になったアリスとはここで再開するのか。

面白かった記憶と謎がまだまだ残っていたかと。

この辺から徐々にアンダーワールドの世界観や戦い方、あとこれAIなんだよね?と考えさせられる感じもありましたね。

話の構成はさすがです。

紹介した本