ダ・ヴィンチ・コード(上)【あらすじネタバレ感想】ルーブル美術館で変死体。芸術と宗教が謎を生む、逃避行ミステリー

あらすじ

ルーヴル美術館のソニエール館長が異様な死体で発見された。死体はグランド・ギャラリーに、ダ・ヴィンチの最も有名な素描〈ウィトルウィウス的人体図〉を模した形で横たわっていた。殺害当夜、館長と会う約束をしていたハーヴァード大学教授ラングドンは、警察より捜査協力を求められる。現場に駆けつけた館長の孫娘で暗号解読官であるソフィーは、一目で祖父が自分にしか分からない暗号を残していることに気付く……。

(KADOKAWAより)

感想・レビュー

このミステリーがすごい!海外《2005年》第4位ノミネート。

タイトルは耳にしていたので、いつか読めればと思っていました。

ダン・ブラウンさんは初読みで、翻訳は越前敏弥さんです。

今回は上中下巻の〈上〉巻にあたり、現段階で本作を評価をするのは難しいので今日は上巻を軽く振り返っていければと思います。

まず現段階の所感としては、予想以上の面白さ、でした。

序章でルーブル美術館の館長であるジャック・ソニエ−ルが何者かに襲撃されるシーンから始まります。

後にこのソニエールは、レオナルド・ダ・ヴィンチの〈ウィトルウィウス的人体図〉を模倣した死体を自ら作って死亡したことがわかりました。

これも後からわかりますが、他にもソニエールは様々な暗号〈ダイイング・メッセージ〉を残しており、主人公とフランスの司法警察暗号解読官であり、ソニエールの孫娘でもあるソフィー・ヌヴーが謎解きを始めます。

そして主人公、ロバート・ラングドンは、ハーヴァード大学で宗教象徴学専門の教授を勤めている。

詳細は伏せられているが、ラングドンは過去にバチカンでヒーロー?有名になり、その経緯もあってか、フランスの大学で講演があるので、パリに訪れており、物語が動き出します。

ラングドンは、講演後の晩にジャック・ソニエールとはじめて会う約束をしていましたが、連絡が取れず、後にベズ・ファーシュ(フランス司法警察中央局警部)から疑われ、手柄を焦っていたファーシュから無実の罪でも、逮捕されかけます。

それをソフィーが救ってくれるところで二人ははじめて、出会いました。

そしてもう一つ視点で、通称シラスと呼ばれる修道僧とその司教であるアリンガローサの視点でも物語が動き出します。

こうして複数の視点がリズム良く動き出していき、疾走感溢れる逃避行劇と謎が、リーダビリティを加速させ、その謎も芸術を扱ったもの。

我々日本人からすると、海外の風を感じつつ、知的さをも感じられるので読んでいてとても楽しかったです。

途中で宗教なども絡んできますが、歴史も深い所を掘り下げはじめており、全て事実に基づいているという。

私は絵画には疎い人なので、よく知りませんでしたが、ダ・ヴィンチの〈岩窟の聖母〉には、あの様な宗教象徴的読み方もできるとは思いもしませんでした。

ダ・ヴィンチが今世紀まで根強く名が残っているのは、多彩さや後に残した功績などもあると思いますが、何より彼の奇抜な性格というか生き方などもあるのだなぁとすごく興味深く読めました。

まだまだ謎が多く残っている状態ではありますが、これから続きを早く読みたい一冊となっておりました。

今日はこの辺で終わります。お疲れ様でした。

関連記事

紹介した本