ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~【あらすじネタバレ感想レビュー】(メディアワークス文庫・三上 延)

あらすじ

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。
 だが、古書の知識は並大抵ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも。彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。
 これは“古書と秘密”の物語。

(メディアワークス文庫より)

感想・レビュー

第九回本屋大賞八位ノミネート。

ライトノベル作品として本屋大賞ノミネートは初の快挙となります。

著者の三上延さんは初読みなんですが、とにかく面白かったですね。

最初は初巻だけ読めればいいかなというくらいだったが、ぐいぐい引き込まれていった。

シリーズものらしいので、視野に入れるかもしれません。

ミステリチックの古本屋が題材で、鎌倉が舞台。雰囲気も良いです。

栞子さんがずば抜けた知識には関心させられる。あと栞子さんがベタだけどめちゃ可愛い(男がだいたい好きなそうな女)。

書く側はかなり大変だと思いますけど。

続刊を買うのは自然な流れになりそうだ。

紹介した本