ファーストラヴ【あらすじネタバレ感想】初恋の意味が分かると怖い。直木賞受賞作!

あらすじ

なぜ娘は父親を殺さなければならなかったのか?

夏の日の夕方、多摩川沿いを血まみれで歩いていた女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女は父親の勤務先である美術学校に立ち寄り、あらかじめ購入していた包丁で父親を刺殺した。環菜は就職活動の最中で、その面接の帰りに凶行に及んだのだった。環菜の美貌も相まって、この事件はマスコミで大きく取り上げられた。なぜ彼女は父親を殺さなければならなかったのか?

臨床心理士の真壁由紀は、この事件を題材としたノンフィクションの執筆を依頼され、環菜やその周辺の人々と面会を重ねることになる。そこから浮かび上がってくる、環菜の過去とは? 「家族」という名の迷宮を描く傑作長篇。

(文藝春秋より)

感想・レビュー

第159回直木賞受賞作。

島本理生さん初読みですね。

タイトルから伺う限り、恋愛モノのように思っていましたが、中身はリーガルミステリと歪んだ恋愛モノのような人間構図が重なりあってかなり面白いです。

また選評の反対する側のリアリティを求める意見にも頷ける。

著者自身若くから芥川にノミネートされてきただけあって、文章にも目を見張るものがあり、本編とは別の所で兄弟の関係性がとてもよく書けていていいなと思いました。

事件から見えてくる性虐待の形、主人公の真壁由紀の心理状態も興味深く、終盤、裁判終えた環奈ちゃんに救いの光が見えます。

ですが最後に母親の腕を見せることにより闇の連鎖が再び垣間見え、綺麗事で締めくくる流れが防がれていて、そこも流石だなと思いました。

こうも複雑な家庭環境を一人称でやることは非常に難易度が高い思われるが、形を成していたかと。多分そこにタイトルのファーストラヴの真意が見えるのか。

この作品にはファーストラヴと思わせる場面が幾つもある。私も他の人の感想を見てなるほど、面白いなと思った意見が、真壁由紀の父親自身がそれだったのではという。

その辺について、著者はどう思っているのか非常に気になるところ。

あと芥川賞を長年取れなかったが故の直木賞なのだが、その変もどう考えているのかも気になりますね。

紹介した本