リベリオ・マキナ-《白檀式》水無月の再起動-【あらすじネタバレ感想】(電撃文庫・ミサキナギ)

あらすじ

対吸血鬼戦闘用絡繰騎士《白檀式》――ヘルヴァイツ公国が誇る天才技師・白檀博士の“五姉弟”は欧州を吸血鬼軍の侵略から救う英雄となる……はずだった。
十年ぶりに目覚めた“失敗作”、第陸号・水無月は想定外の戦後を前に愕然とする。起こるはずのない暴走事故により、“虐殺オートマタ”として歴史に名を刻んだ五体の姉兄たち。さらに大公と吸血鬼王による突然の和平を経て、公国は人間と吸血鬼が平等に暮らす世界で唯一の共和国へと変貌を遂げていた。
亡き博士の娘・カノン、吸血鬼王女・リタとの出会いを通じ、新たな“日常”を受け入れていく水無月だったが――。
第25回電撃小説大賞《銀賞》受賞・オートマタの少年と二人の姫が織りなす、正義と反抗のバトル・ファンタジー起動!!

(電撃文庫より)

感想・レビュー

第25回電撃小説大賞“銀賞”受賞作。

旧題「水無月のメモリー」。

びっくりするくらい普通の作品でしたね。

例えるなら教科書とかに載ってそうな感じです。

題材も吸血鬼とかでゼロ年代流行要素を使っていて、大きく何かを超えてくるものはなかった印象。

著者の文体と構成から書き慣れた感があるものの、小説という枠に囚われすぎて息苦しさを感じます。

もっと新人らしく自由に暴れて欲しいしところはありますが、それを制御しきりながら新人賞をとるのもかなりの腕がいるので仕方ないといえばそこまで。

電撃大賞なのである程度シリーズものにしていくとは思いますが、今のまま続刊出しても正直綺麗すぎて厳しいのではないかと。勝手な発言すいませんが。

もっと言うと人気の出る作品にしたいなら何かしら飛び抜けたものがこの作品にはいるかなと思いました。

基礎があるのは嫌というほどわかったので、殻さえ破れたら化ける可能性もあるかしら。

紹介した本