俺を好きなのはお前だけかよ【あらすじネタバレ感想レビュー】(電撃文庫・駱駝)

あらすじ

俺はパンジーこと三色院菫子が大っ嫌いだ。
なのに……俺を好きなのはお前だけかよ。

ここで質問。もし、気になる子からデートに誘われたらどうする? しかもお相手は一人じゃない。クール系美人・コスモス先輩と可愛い系幼馴染み・ひまわりという二大美少女!! 意気揚々と待ち合わせ場所に向かうよね。そして告げられた『想い』とは! ……親友との『恋愛相談』かぁハハハ。
……やめだ! やめやめ! 『鈍感系無害キャラ』という偽りの姿から、つい本来の俺に戻ったね。でもここで俺は腐ったりなんかしない。なぜなら、恋愛相談に真摯に向き合い二人の信頼を勝ち取れば、俺のことを好きになってくれるかもしれないからな! ん? 誰が小物感ハンパないって?
そんな俺の哀しい孤軍奮闘っぷりを、傍で見つめる少女がいた。パンジーこと三色院菫子。三つ編みメガネな陰気なヤツ。まぁなんというか、俺はコイツが嫌いです。だって俺にだけ超毒舌で、いつも俺を困らせて楽しんでいるからね。だから、コイツとは関わりたくないってわけ。
なのに……俺を好きなのはお前だけかよ。

(電撃文庫より)

感想・レビュー

第22回電撃小説大賞“金賞”受賞作。

旧題「壊れたジョーロは使えない」。

もう死ぬほど笑いました。ほっぺたと腹が痛かった。笑

多分小説でここまで腹筋崩壊したのは初めてだったと思います。

このすばとかもコンスタントに笑いをくれるけど、こっちはツボに入った瞬間一撃必殺みたいな感じでした。

序盤は吐き気がするほど善人過ぎて気持ちの悪い主人公だなぁと思ってこれで金賞?ってなったのですけど、そう思うことこそが本当に綺麗な落とし穴だった。

中盤からの勢いというか衝動は凄まじい。

まあこれだけ笑いが取れているので必然的に物語も面白く感じますね。

特になんかすごいことしていた記憶はないんですけど、勢いがすごい。

落ちもラブコメチックな感じでしっかり落ちていた。

変わり種ちゃ変わり種かもしれませんが。私は好きでした。

もし電撃で笑えるラブコメを探している人がいたら、初刊だけでもこの作品をオススメできます。

イラストレーターもブリキ氏なんで安定のクオリティです。

紹介した本