声優ラジオのウラオモテ #01 夕陽とやすみは隠しきれない?【あらすじネタバレ感想】放課後はアイドル声優?第26回電撃大賞受賞作

あらすじ

ギャル&地味子の放課後は、超清純派のアイドル声優!?

第26回電撃小説大賞選考会において、選考委員満場一致で2年ぶりの《大賞》を受賞!
電撃文庫が今とどけたい、青春声優エンタテインメント!

「夕陽と~」「やすみの! せーのっ!」 「「コーコーセーラジオ~!」」 
 偶然にも同じ高校に通う仲良し声優コンビが教室の空気をそのままお届けしちゃう、ほんわかラジオ番組がスタート!
 でもパーソナリティふたりの素顔は、アイドル声優とは真逆も真逆、相性最悪なギャル×根暗地味子で!?
「……何その眩しさ。本当びっくりするぐらい普段とキャラ違うな『夕暮夕陽』、いつもの根暗はどうしたよ?」 
「……あなたこそ、その頭わるそうな見た目で『歌種やすみ』の可愛い声を出すのはやめてほしいわ」
 オモテは仲良し、ウラでは修羅場、収録が終われば罵倒の嵐!こんなやつとコンビなんて絶対無理、でもオンエアは待ってくれない…!
プロ根性で世界をダマせ! バレたら終わりの青春声優エンタテインメント、NOW ON AIR!!

(電撃文庫より)

感想・レビュー

第26回電撃小説大賞“大賞”受賞作。

本格スポ根系王道感もあって、読み易く面白い部分もあるけれど逆に読み易いということで、退屈に感じる部分も結構ありました。

多分流れが知ってるような展開だったからかもしれません。

声優を扱うのが電撃大賞にとって目新しいくらいで、中盤超えてこれで大賞?と思ったのですが、最後の吹っ切れた感じは大賞っぽくて良かったと思います。

よくよく考えたら声優がここまでメイン題材の作品って、あまりないのかもしれませんね。

あとは、最後のおっさん顔の高校生の件で終わってめっちゃ笑いました。

表紙イラストも路線が変わって良くなりましたね。

紹介した本