夏へのトンネル、さよならの出口【あらすじネタバレ感想レビュー】時空を超えるトンネルに挑む少年と少女の夏

あらすじ

時空を超えるトンネルに挑む少年と少女の夏
「ウラシマトンネルって、知ってる? そのトンネルに入ったら、欲しいものがなんでも手に入るの」
「なんでも?」
「なんでも。でもね、ウラシマトンネルはただでは帰してくれなくて――」
海に面する田舎町・香崎。
夏の日のある朝、高二の塔野カオルは、『ウラシマトンネル』という都市伝説を耳にした。
それは、中に入れば年を取る代わりに欲しいものがなんでも手に入るというお伽噺のようなトンネルだった。
その日の夜、カオルは偶然にも『ウラシマトンネル』らしきトンネルを発見する。
最愛の妹・カレンを五年前に事故で亡くした彼は、トンネルを前に、あることを思いつく。
――『ウラシマトンネル』に入れば、カレンを取り戻せるかもしれない。
放課後に一人でトンネルの検証を開始したカオルだったが、そんな彼の後をこっそりとつける人物がいた。
転校生の花城あんず。クラスでは浮いた存在になっている彼女は、カオルに興味を持つ。
二人は互いの欲しいものを手に入れるために協力関係を結ぶのだが……。
優しさと切なさに満ちたひと夏の青春を繊細な筆致で描き、第13回小学館ライトノベル大賞のガガガ賞と審査員特別賞のW受賞を果たした話題作。

(ガガガ文庫より)

感想・レビュー

13回小学館ライトノベル大賞“ガガガ賞”と“審査員特別賞”受賞作。

このライトノベルがすごい!《2020》第九位ノミネート

旧題「僕がウラシマトンネルを抜ける時」。

長らくの積読から読了。

新時代SFと名を打たれていた今作だが、どこか懐かしさもあるような雰囲気だった。

序盤の主人公の感じはまんま俺ガイル初期の八幡へのリスペクトを感じてクスリと笑ってしまった。

そして前半辺りで唐突に、妹が木から落ちて死んだ。というあまりにも呆気ない文から異様に引き込まれていった。

ここからトンネルを絡ませ捲るページが止まらない、かと思えば急に学生生活に引き戻したしり、緩急を織り混ぜてくるのは本当に上手いなぁと感じました。

全体的に面白かったのだが、前半が異質だっただけに最後の結末があっさりだったのが、良くも悪くも印象を霞ませたかなと。

13回ガガガ受賞作はオーク以外は読めたけどやはり千歳君は別格ですね。

紹介した本