“文学少女”と死にたがりの道化【あらすじネタバレ感想レビュー】(ファミ通文庫・野村美月)

あらすじ

天野遠子・高3、文芸部部長。自称“文学少女”。彼女は、実は物語を食べる妖怪だ。水を飲みパンを食べる代わりに、本のページを引きちぎってむしゃむしゃ食べる。でもいちばんの好物は、肉筆で書かれた物語で、彼女の後輩・井上心葉は、彼女に振り回され「おやつ」を書かされる毎日を送っていた。そんなある日、文芸部に持ち込まれた恋の相談が、思わぬ事件へと繋がって…。新味、ビター&ミステリアス・学園コメディ!

(ファミ通文庫より)

感想・レビュー

野村美月さんは初読みになります。その中でも本作の文学少女シリーズは大ヒット作ですね。

このライトノベルがすごい!ノミネート歴:《2007》第八位、《2008》第三位、《2009》第一位、《2010》第三位、《2011》第六位

初っ端の表紙にいる女の子が本の頁をむしゃむしゃ食べだしたのは、かなりインパクトがあって掴みに成功しています。

だけどそれ以降があまり強い印象が残らなかったのが正直なところですね。

話の流れがかなり単調なので、純粋に退屈に感じてしまいました。せっかく文豪たちを物語のギミックに使っているのに力不足で飲み込まれている感じもある。

そのせいか、全体的にキャラクターとしても弱く感じてしまいます。

学校のOBとかが出てきて……という展開も少しご都合的な感じが目についたような。

紹介した本