月の影 影の海 (下) 十二国記 1【あらすじネタバレ感想】(新潮文庫・小野 不由美)

あらすじ

「わたしは、必ず、生きて帰る」──流れ着いた巧国(こうこく)で、容赦なく襲い来る妖魔を相手に、戦い続ける陽子。度重なる裏切りで傷ついた心を救ったのは、〈半獣〉楽俊(らくしゅん)との出会いだった。陽子が故国へ戻る手掛かりを求めて、雁国(えんこく)の王を訪ねた二人に、過酷な運命を担う真相が明かされる。全ては、途轍(とてつ)もない「決断」への幕開けに過ぎなかった!

(新潮社より)

感想・レビュー

下巻で化けたといったところか。

上巻で異世界に連れてこられた陽子が可哀想なくらい追い詰められ、ただ絶望の中剣を握り続けた結果、楽俊というネズミに出会い、友を得て王になる。

これだけ書くとぶっ飛んでいるのだが、上巻の絶望に張り巡らせされた伏線回収量が半端ではなかった。

陽子が異世界に連れてこられた理由から、細かい描写、仕草等大半に意味があり、久しぶりにファンタジー世界感が素晴らしい作品に出逢えました。

何と言っても王と麒麟のシステムが凄く良い。読んでてワクワクする。これは人気が高い理由も納得だ。

紹介した本