法廷遊戯【あらすじネタバレ感想】法廷ミステリの傑作!メフィスト賞受賞作

あらすじ

法曹の道を目指してロースクールに通う、久我清義と織本美鈴。二人の過去を告発する差出人不明の手紙をきっかけに不可解な事件が続く。清義が相談を持ち掛けたのは、異端の天才ロースクール生・結城馨。真相を追う三人だったが、それぞれの道は思わぬ方向に分岐して――?

(講談社より)

感想・レビュー

※ネタバレご注意!

第62回メフィスト賞受賞作。このミステリーがすごい!《2021》第4位ノミネート

これは面白い。いやぁ面白い。二度言いたくなる面白さでしたね。笑

今作は法廷モノ、リーガルミステリに分類されると思うので小難しい感じかなと思いきや、全然法律のこととか知らない私でも楽しんで読めました。

まず第一部の導入部分から易しく底辺法大という設定で、さらに〈無辜ゲーム〉という模擬法廷で学生たちが罪を裁くゲームが開かれているのですが、これがまた面白くそして第一部終盤からはミステリらしく急激に加速して幕を閉じます。

そして学生だった主人公たちが卒業してからの第二部で舞台にするのは本当の法廷。そしてタイトルが〈法廷遊戯〉。もうここからは一気読み間違いなしです。

一つ一つの出来事に全てが線で繋がっていて、ミステリ的な面白さは間違いないですし、罪と罰の在り方、狭い縫い目を掻い潜るような現代司法への問いかけなどは新人レベルを逸脱しています。

物語自体は第一部が後にかなり肝だったのです。というかここを基盤に作られているので読みながら著者の論理的に組み上げられた構成力に感心しました。

作中で出てくる法律もすごく分かりやすく描写されているのも素晴らしい技量ですね。

ただ強いて言うならあまりにもロジックが先行し過ぎて微かな青春要素(人間ドラマ)が少し弱い。

本格ミステリによくあるロジックの為に登場人物たちが駒になりすぎてる感が強く、若しくはそれが隠しきれていないのでせっかくの動機が霞んで見えるときがありました。

それがミステリ作家的には正解と言う人もいるし、不正解だと言う人もいて二択で分かれますが個人的にはこの作品は終盤の感情移入でもっと魅力的に描けるような気もします。

けれどこのロジックは本当に無駄がなく、計算され尽くしているので人間ドラマをそこまで介入させる余地がなかった可能性が高く、だからこそ法廷モノには似つかわしくないスピード感が描かけていたので仕方ないのかなぁとも思えて難しい。

まぁ結果的に全て覆す面白さなのは間違いないので、これはオススメ間違いなしの大当たり作品でしたね。

今回改めてやっぱりメフィスト賞って面白いなぁと深く納得させられた感じです。まぁそんなに多くは読めてませんが。笑

著者の五十嵐さんははまだ新人ですが、これだけの作品が書ける新人は確かな逸材なので、是非とも次回作以降も追いかけてみたいですね。

素晴らしい才能をお持ちです。是非とも気になった方は、一度通読してみてはどうでしょうか。

紹介した本