細雪 (中) 【あらすじネタバレ感想】(角川文庫・谷崎 潤一郎)

あらすじ

戦争の気配迫る昭和初期の大阪を舞台にした四姉妹の物語。谷崎の代表作!

奔放な四女・妙子は神戸の大洪水に遭うも一命をとりとめた。しかしその後さらなる悲劇が妙子を襲う。三女・雪子は、縁談を期待して東京の本家に移り住むことになるが、都会の空気になじめず――。

(KADOKAWAより)

感想・レビュー

細雪の二冊目。

相変わらず面白かったなあというのが素直な感想です。良い読書ができました。

中巻は様々な事件が頻発していくなかで、三姉妹のより深い部分が見えてきます。登場してくる人間の見せ方が絶妙です。

三姉妹の美しさや弱さ、品性であったりを大切に表現しています。

それに反発する妙子の姿こそ、現代女性の姿を表しています。

あとは女中のお春どんがやっぱり面白い。

文量がありますが、文章も流れるように読みやすく、それを感じさせない。

これが谷崎の凄いところ。残りの下巻が楽しみです。

紹介した本