罪と罰〈上〉【あらすじネタバレ感想】(新潮文庫・フョードル・ドストエフスキー)

あらすじ

鋭敏な頭脳をもつ貧しい大学生ラスコーリニコフは、一つの微細な罪悪は百の善行に償われるという理論のもとに、強欲非道な高利貸の老婆を殺害し、その財産を有効に転用しようと企てるが、偶然その場に来合せたその妹まで殺してしまう。この予期しなかった第二の殺人が、ラスコーリニコフの心に重くのしかかり、彼は罪の意識におびえるみじめな自分を発見しなければならなかった。

(新潮社より)

感想・レビュー

ドストエフスキーは初読みになります。

まさにパワー、エネルギーを感じる作品でした。

貧しい大学生が犯した絶対正義の殺人のはずが予期せぬ事態にその妹にまで手をかけてしまい、少しずつ歯車が狂いだす。

序盤の殺人から、ひたすらに内面葛藤があり終盤辺りでまたエグい程に引き込んでいくこの力量。

さすが巨匠。あと所々笑えるユーモアもあります。

これが1860年代ロシアの雰囲気なのか、若者の狂信的な一面が生々しくここまで内面を掘り起こした作品には出会った事がない。

今の時代ではまどろっこし過ぎて、中々お目にはかかれないと思う。

心理的にも犯罪捜査的にもまだ発展しきれていないから生まれる葛藤なのでしょう。

紹介した本