錆喰いビスコ 2 血迫!超仙力ケルシンハ【あらすじネタバレ感想レビュー】大宗教国家・島根にて強敵ジジイ現る!

あらすじ

最強キノコ守りコンビ、宗教都市・島根でさらに過激に大暴走!

 《錆喰い》由来の特殊体質を治すべく、大宗教国家・島根を訪れたビスコたち。
 しかし――そんな一行の前に野望の不死僧正・ケルシンハが立ちはだかる。不意打ちで胃を盗まれたビスコの余命は、僅か――五日!?
 暴走した《錆喰い》体質で心臓にキノコが咲けば即アウト!
 相棒・ミロとともに様々な宗教ひしめく島根の中枢《出雲六塔》に潜入した彼らは、はたして無事、元の身体を取り戻せるのか。そしてかつて立った頂点奪還を目論むケルシンハの暴虐に、相棒の絆は打ち勝てるのか――!?
 『このライトノベルがすごい!2019』(宝島社 刊)文庫部門 総合・新作で史上初ダブル1位を獲得した疾風怒涛の冒険譚、再び!

(電撃文庫より)

感想・レビュー

ビスコも二作目に突入。

今回も独特の世界観と文体で面白く読ませて頂きました。

扱う題材も大宗教国家・島根、笑という異次元世界なのもつい笑ってしまいましたが。

まやってることは、ただ王道中の王道なんですけど、とにかくデビュー時からの勢いが半端ではない。

道中、お経というか、呪いの詠唱なんかも出てきて良い雰囲気作りだなぁと思ってたら、ケルシンハとかいう超強い老人がシャアアアアみたいな感じで突撃してきますから、アニメとかになったら子供も楽しめるのではないでしょうか。笑

ビスコも普通に生き返るし。笑

ミロも少しずつ強くなってる。

3球直球ストレートど真ん中!ストライク!三振!ゲームセット!みたいな感じで爽快!

紹介した本