高校事変【あらすじネタバレ感想】高校がテロリストに占拠されたらどうなるのか?バイオレンス文学の誕生!

あらすじ

孤独な女子高生VS.武装集団! 校舎は日本の縮図と化した!

優莉結衣(ゆうり・ゆい)は、平成最大のテロ事件を起こし死刑になった男の次女。事件当時、彼女は9歳で犯罪集団と関わりがあった証拠はない。今は武蔵小杉高校の2年生。この学校を総理大臣が訪問することになった。総理がSPとともに校舎を訪れ生徒や教員らとの懇親が始まるが、突如武装勢力が侵入。総理が人質にとられそうになる。別の教室で自習を申し渡されていた結衣は、逃げ惑う総理ら一行と遭遇。次々と襲ってくる武装勢力を化学や銃器のたぐいまれなる知識や機転で次々と撃退していく。一方、高校を占拠した武装勢力は具体的な要求を伝えてこない。真の要求は? そして事件の裏に潜む驚愕の真実とは? 人質になった生徒たちと共に、あなたは日本のすべてを知る!

(KADOKAWAより)

感想・レビュー

松岡さん初読みになります。

まずはじめに、これは面白いな、と思ってしまいました。

積んでた本を気楽に消化する感じだったのに、普通に衝撃を食らった感じです。

高校をテロリストに占拠させ、日本の縮図を実体化させる。

高校内で政治的、世論的風刺はやれるだけやった所をとにかく評価したいですね。

後は純粋に半グレ集団リーダーの娘である優莉結衣がチート無双すぎて、カッコいい。極限状態におかれた読者は間違いなくこの主人公に惹かれる。

人が有り得ない勢いで死んでいき、女子高生を慰安婦にさせられる、又は自らなっていく所は何度も目を瞑りたくなったが、これも平凡に生きてきた故なのか。

この作品はシリーズとして続いているみたいで、少し追っかけてみようと思います。

紹介した本