黒冷水【あらすじネタバレ感想】17歳で文藝賞を受賞した羽田圭介のデビュー作!

あらすじ

兄の部屋を偏執的にアサる弟と、執拗に監視・報復する兄。出口を失い暴走する憎悪の「黒冷水」。兄弟間の果てしない確執に終わりはあるのか? 当時史上最年少十七歳・第四十回文藝賞受賞作!

(河出書房新社より)

感想・レビュー

第40回文藝賞受賞作。

当時文藝賞を17歳で受賞した羽田さんのデビュー作です。

という事はそれ以前の歳に書いた可能性が高く、小説と年齢はあまり関係ない事だと思いたいが、これは恐るべき才能の持ち主であり、個人的にも多分最年少が書いた小説を読んだことになる。

その内容が兄弟喧嘩。

ひたすらにエスカレートしていく喧嘩過程はリアルとスリリングを兼ね備えていて、途中見てられないくらい笑ってしまう。が面白い。

個人的評価ポイントは最後の現実に巻き戻した勇気と、弟が死んだら自分の受賞経歴に傷がつく事を心配して、その為だけに弟が助かる事を祈っていたところか。

私も兄弟がいるので、あるあると独り言ちりながら、この作品の雰囲気はより深く伝わってきました。

著者の才能は、この一作を読むだけでも十分に伝わってきますね。

素直に凄いなぁと感じたエネルギーのある力作です。

紹介した本