CATEGORY 岩波書店・系列

海外・翻訳

失われた時を求めて(1)スワン家のほうへI 【あらすじネタバレ感想】プルーストが描く二十世紀フランス文学の古典

あらすじ ひとかけらのマドレーヌを口にしたとたん全身につたわる歓びの戦慄―記憶の水中花が開き浮かびあがる、サンザシの香り、鐘の音、コンブレーでの幼い日々。 重層する世界の奥へいざなう、精確清新な訳文。プルーストが目にした…