つるぎのかなた【あらすじネタバレ感想】剣道が熱い!第25回電撃大賞受賞作!

あらすじ

剣の道を駆け抜けろ! 目指すは最強の先、はるか頂きの彼方――!

第25回電撃小説大賞《金賞》受賞作!

「好きじゃないんだ、剣道。……俺を斬れる奴、もういないから」
 かつて“最強”と呼ばれながら、その座を降りた少年がいた――。
“御剣”の神童・悠。もう二度と剣は握らないと決めた彼はしかし、再び剣の道に舞い戻る。
 悠を変えたのは、初めて肩を並べる仲間たち、彼に惹かれる美しき『剣姫』吹雪、そして――孤高の頂でただひたすらに悠を追い続けていた、高校剣道界最強の男・快晴。
 二人が剣を交えた先で至るのは、約束の向こう、つるぎのかなた。
「いくぞ悠。お前を斬るのは、この僕だ!」
 剣に全てを捧げ、覇を競う高校生たちの青春剣道物語、堂々開幕!

(電撃文庫より)

感想・レビュー

第25回電撃小説大賞“金賞”受賞作

高校の剣道部が舞台。

学園らしい青春ありつつ、熱い剣道シーンもありつつ。

剣道全然知らないんですけど、結構楽しめました。

色々と荒い部分もありましたけど、帳消しにするくらいの熱量でとても面白かったと思います。

今後シリーズとしてやっていくのか不明ですが、この初巻だけでも読む価値は十分にあるかなと思います。

あと妹の件とかでめっちゃ笑えました。

著者さんはラブコメとか書いてみたら意外と人気でそうな気も…。

何より挑戦的な作品が新人賞を受賞するのは良いことです。

それではまた。

関連記事

紹介した本