やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10【あらすじネタバレ感想レビュー】(ガガガ文庫・渡 航)

あらすじ

新しい年、新しい関係、新たなる想い。

冬休み。のんびりとした年の瀬、そして年明け。
合格祈願の初詣や買い物など、予定外の外出が重なる八幡が新年の街で出会ったのは、雪ノ下陽乃と葉山隼人、そして……。
教室で、部室で過ごしてきた時間で、お互いのことを少しは知ったように思えた。でも知らないことの方がたくさんあるのだろう。今も、そしてこれからも。

冬休みが終われば、2年生とという学年ももうあとわずか。新学期にざわめく教室にはある人物の「噂」が流れていた。
望むと望まざるとに拘わらず、同じ場所で過ごす時間は刻一刻と減っていく。
そんな雰囲気だからなのか、奉仕部に持ち込まれた、ある依頼……その依頼は今までに知ることのなかった彼ら、彼女らの別の一面を映し出すことに。
自分のしたいことが、相手の望むことは限らない。本当の気持ちが伝えたい気持ちとも限らない。誰かが知っているその人が、その人の本当の姿とは限らない。
今を大切にしたいと思えば思うほど臆病になって、考えているのに答えは見つからないし、走っているのにゴールが見えない。
彼ら彼女らの、新たなる季節、新たなる関係。

感想・レビュー

小町がいよいよ受験シーズンに突入し、三浦の依頼で葉山を深堀りされます。

三浦も十分に乙な女なんですど、やはり注目は葉山ですね。

こんなに惹かれるサブキャラ中々いない。

俺ガイルは全体を通してに文化祭以降からやはりり化けてますね。

表紙の陽乃イラストも良きかな。

紹介した本