やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7【あらすじネタバレ感想レビュー】(ガガガ文庫・渡 航)

あらすじ

修学旅行。それは恋愛とトラウマの多発地帯

京都への修学旅行を前に、どこか浮き足立つクラスの雰囲気。
文化祭以来、教室内でさらに微妙な立ち位置になった八幡だったが、最初から地位なんてないようなもんだしな、と我関せず……。
ところが、奉仕部に持ちかけられた意外な人物からの「恋の相談」。そこにはまた別の人物の思惑も重なって……。
旅行は一気に波乱の予感。クラス内の人間関係、そして複雑な気持ちが渦巻き、答えを出せないまま八幡たちは京都へ。
まちがっている青春模様は、まちがっているラブコメ=恋愛模様を生み出すのか。
TVアニメ化を直前にさらに盛り上がりを見せるシリーズ第7弾。

(ガガガ文庫より)

感想・レビュー

物語は修学旅行。結構面白かったですね。

文化祭を乗り越えたクラスもかなり関係性が深くなってきて、八幡と平塚先生とか葉山とか。

修学旅行あるあるというか、雰囲気も懐かしくて良かった。

でなんか最後らへんで八幡があの京都の有名な場所で八幡ぽい解決の仕方をするのだが、それが結構歪んでいたとか、そんな感じだったか。

まさにこのシリーズらしい捻れた面白い人間関係ですね。

紹介した本