ゴブリンスレイヤー【あらすじネタバレ感想】ストイック過ぎるゴブリンスレイヤーとTRPG世界が楽しめる

あらすじ

「俺は世界を救わない。ゴブリンを殺すだけだ」
その辺境のギルドには、ゴブリン討伐だけで銀等級(序列三位)にまで上り詰めた稀有な存在がいるという……。

冒険者になって、はじめて組んだパーティがピンチとなった女神官。それを助けた者こそ、ゴブリンスレイヤーと呼ばれる男だった。
彼は手段を選ばず、手間を惜しまずゴブリンだけを退治していく。そんな彼に振り回される女神官、感謝する受付嬢、彼を待つ幼馴染の牛飼娘。そんな中、彼の噂を聞き、森人(エルフ)の少女が依頼に現れた——。

圧倒的人気のWeb作品が、ついに書籍化! 蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー、開幕!

(GA文庫・ゴブリンスレイヤー特設サイトより)

感想・レビュー

このライトノベルがすごい!《2017》第五位ノミネート

著者の蝸牛くもさんは初読みになります。

アニメは当時見ていて結構面白かった記憶が残っていますが原作を読んでみて中々面白かったです。

いつか機会があれば是非ともノベルの方を読んでみようと思っていました。

お話はゴブリンを殺すことに取り憑かれた男が主人公、というのも今思えばかなり珍しいとは思うけど、その徹底ぶりと残酷な世界観で一気に引き込まれる。

登場人物の名称がないのも新鮮で、それがTRPG的なことなのかしら。

あまり知らないので分からないが。

あとは「そうか」「知らん」「ゴブリンか」で強烈なシリアス笑いも取れるので、作品のバランスが良い塩梅に保たれていて、構成の流れがスムーズに進むのも良かったですね。

まるでゲームのような現実でした。

紹介した本