バッカーノ!―The Rolling Bootlegs【あらすじネタバレ感想】禁酒法時代のニューヨーク群像劇で電撃大賞受賞作!

あらすじ

禁酒法時代、ニューヨーク。裏組織“カモッラ”は重要な儀式を数日後に控えていた。泥棒カップルはグランド・セントラル・ステーションに着いたばかりだった。マフィアの三兄弟はちょっとした問題を抱えていた。チンピラの少年は思い通りにならない現実にムカついていた。職務に忠実な警部補はそんな彼らを疎ましく思っていた。そして、錬金術師の野望は200年を経て、未だついえる事はなかった。彼らはまだ、互いに関わりの無い者同士であった。このマンハッタンに“不死の酒”が蘇るまでは―。第9回電撃ゲーム小説大賞金賞受賞作。

(電撃文庫より)

ネタバレ感想・レビュー

第9回電撃ゲーム小説大賞“金賞”受賞作。

このライトノベルがすごい!《2005》第五位。

成田先生のデビュー作。舞台はアメリカ禁酒法時代。

まさにその時代の裏社会ネタをふんだんに詰め込めた作品でした。

驚く程、登場人物が多く、視点もあり得ないくらい変わり、そしてエピローグから始まった物語が目まぐるしいくらい混沌と化し、最早誰が主人公なのか分からなくなる。

だが最後に一本のお話として成立する。Fateの時と同様、もうこの時から既に、構成力の化物だったんだと思い知らされました。

何よりも群像劇で新人賞を取るということは、かなり異例というか、相当技量がないと無理だと思います。

個人的にはあのバカップルが主役ですかね。締め方まで凄く良かったです。

紹介した本

関連記事