人類は衰退しました 1【あらすじネタバレ感想】妖精さんたちが、かわいい

あらすじ

にんげんさんは、かみさまです?
わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀。すでに地球は「妖精さん」のものだったりします。平均身長10センチで3頭身、高い知能を持ち、お菓子が大好きな妖精さんたち。わたしは、そんな妖精さんと人との間を取り持つ重要な職、国際公務員の”調停官(ちょうていかん)”となり、故郷のクスノキの里に帰ってきました。祖父の年齢でも現役でできる仕事なのだから、さぞや楽なのだろうとこの職を選んだわたしは、さっそく妖精さんたちに挨拶に出向いたのですが……。

【妖精さんたちの、ちきゅう】
三人の妖精さんを、内緒で事務所に連れ帰ってしまった主人公。彼らに名前をつけたことから、なぜか神様扱いされてしまってとんでもない事態に!
【妖精さんの、あけぼの】
お菓子が好きなのに自分では作れない妖精さん。主人公が渡したキャンディとなにげないひと言が、ペーパークラフトの文明を発達させる……!?

Key所属の原画家・樋上いたる氏が企画原案を担当したPCゲーム『Rewrite』では、竜騎士07氏、都乃河勇人氏とともにシナリオを担当。『AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~』、『灼熱の小早川さん』で業界の話題をさらった田中ロミオの小説デビュー作!

(小学館より)

感想・レビュー

所謂ガガガ文庫尖りシリーズと言ったところか。

世界観は妖精たちが住む優しい世界だが、この作品をラノベレーベルで出す辺りが、絶妙に尖っている。

文体領域も広く、表現が豊かなので、読ませる文章を持っているが、物語はあってないような気もしました。

これまた小説としての評価が難しい作品ですが、私はギリギリあり、という感じになりそうです。

というよりこれはありなのか? という小説を生み出しただけでも勝ち負けとかないけど勝ちなんだと私は思う。

この柔らかい雰囲気をしっかりと表現出来ているところとか好きですね。

あと妖精さんの丸まりが可愛い。

アニメとかだったら映えるのかしら。

紹介した本

Kindle Unlimited 30日間無料体験を使ってみる