ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?~好きになったJKは27でした~【あらすじネタバレ感想】(GA文庫・望 公太)

あらすじ

好きになったJKは27でした……!?

27歳のお姉さん×男子高校生の甘々ラブコメ、開幕!!

「私とデートしてくれませんか?」
男子高校生・桃田薫はある日、電車で痴漢に遭っていた女子高生・織原姫を助ける。
二人は互いに惹かれあい恋に落ちていくのだが、彼女には人に言えない秘密があった。

「……私、本当は、27歳なの」

好きになったJKの正体はアラサーのOLだった!?

秘密がバレた織原は桃田の元を去ろうとするが――
「――好きです、織原さん。本当のあなたが大好きです」
「いいの……? 本当に、私で」

平日OL→週末JK!?
可愛すぎる奇跡のアラサーとまっすぐな男子高校生による
年の差・純愛・甘々ラブコメディ、堂々開幕!

(GA文庫より)

感想・レビュー

年上系ラブコメ。望公太先生お得意のジャンル。

設定的にというか年齢的にラノベヒロインとしてはおかしいが、相変わらずラノベとしての基本系をしっかり踏んでライトに仕上げてくる。

個人的に今作は面白いかと言われれば、まぁ普通でしょうか。

序盤の電車での痴漢のくだりはとても良く、そういう感じで年の差としての障壁を見た事ない展開で、成る程そういう弊害もあるのかというのが欲しかったかな。

その過程で二人の決断を見たかったぐらいか。

特にイラストもたわわ過ぎてたわわだったし、たわわぐらいしか感想が出てこない。 笑

今後二人の幸をお祈り申し上げます。

紹介した本