やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5【あらすじネタバレ感想レビュー】(ガガガ文庫・渡 航)

あらすじ

アニメ2期放送直前!冬の日常を描く短編集

雪乃、結衣と過ごすおなじみ奉仕部での活動から、小町の受験を心配したり、いろはのわがままに振り回されたり、さらには男子からのあるお願い事まで舞い込み……!? 八幡の短くも慌ただしい冬の日常を描く短編集。

(ガガガ文庫より)

感想・レビュー

いろは回です。これも良かったなぁ。

最後にゆきのんが「随分と楽しかったようね」的な皮肉を八幡に言うようなくだりがあって、やっぱりそこが一番面白かったです。

ただ完結してからも一色いろはだけが一番理解出来ないというか、読めないキャラクターだったなと感じています。

彼女が単純なバカだったらそれでいいんですけど、頭が多少は回るようで、だからこそ彼女の行動が色々と分からなかった。

渡氏は一色いろはを書いててどんな感じだったのか、一番気になるかもしれない。

なんか昔どこかで材木座だったかな、円滑油的な発言してたような気もしますけど。

紹介した本