やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5【あらすじネタバレ感想レビュー】(ガガガ文庫・渡 航)

あらすじ

文化祭直後、体育祭ストーリー&スペシャル

6巻の文化祭直後、体育祭のエピソードを文庫本一冊に収録。
文化祭が終わった後、城廻めぐりから来た依頼は、「体育祭を盛り上げたい」というもの。
奉仕部として手伝うことになった八幡や雪乃たちだが、そもそも体育祭実行委員長も決まっていない。
そこで担ぎ上げられたのは、文化祭でも実行委員長を務めた、あの相模南だった……。
TVアニメシリーズで著者自らが脚本を手がけた番外編「だから、彼らの祭りは終わらない」のサイドストーリーを文庫本用にディレクターズカットし、再構成した総集編として修正。同時発売されたドラマCD特装版で音声収録された9巻直後のクリスマスパーティーのエピソードの小説版も加えて収録。

(ガガガ文庫より)

感想・レビュー

ここで6.5(短編集)挟むんだ、みたいな感じで結構驚いていた反面、めっちゃ面白かったです。

アニメOVAでは伝説の運動会、さらに相模の話など。

確かに運動会やってなかったなぁってこのときなりました。

相模はまたいいキャラしてるというか、リアルなキャラだなあと思った。

クラスにこういうやつって多分いたと思う。弟はあのゲーム部かなんか出てきてましたね。

表紙の川崎さんもめっちゃいい。

この三人の絡みほんとに良かった印象があります。

紹介した本