ようこそ実力至上主義の教室へ 11.5【あらすじネタバレ感想】ついに1年生編完結!次巻から2年生編へ

あらすじ

大人気コンビの学園黙示録、ついに1年生編完結!

学校側の介入というアクシデントがあったものの、1学年の最終試験を退学者なしで乗り越えたCクラス。最後の行事、卒業式を迎える。兄との最後の接触に踏ん切りのつかない堀北にアドバイスを与えつつ、綾小路は月城理事長代行対策に動き出す。システムにはシステムで対抗、坂柳理事長に連絡を取り、1年Aクラス担任の真嶋、茶柱と秘密裏に接触、交渉を試みる。一方で綾小路の偽の姿について疑念を持つクラスメイトも現れていた。好奇心と願望の下、1年Cクラス松下千秋が綾小路の追跡を始める。そして1年という月日は生徒同士の関係を大きく進展させるには十分な期間で――。新たな学園黙示録、1年生編完結!

(MF文庫Jより)

感想・レビュー

※ネタバレありです。注意!

短編三弾目。一年生編完結ですね。

ああ、楽しみが減っていくなあ。最後まで最高でした。

あの……最後の綾小路って笑ってない解釈でいいんですよね?

堀北兄妹も凄い良かったです。 龍園含め少しだけしか出番がなかったキャラも多かったけど、ここまで駆け抜けてきた一年の総括は、二年生編のワクワクが止まらない伏線を感じました。

あと綾小路の将来の予想が不穏でしかない。

松下含めその他クラスメイトも綾小路の異変に気づきつつ、そして南雲会長、ホワイトルームからの刺客がやってくる今年は去年とは違う年になるのは間違いない。

トモセ氏のイラストも衣笠先生との文章と噛み合っていて、改めて素晴らしいコンビだと思った。

これから待ち受ける二年生編も本当に楽しみだ。

1年生編、2年生編まとめてみました↓

紹介した本