ようこそ実力至上主義の教室へ 8【あらすじネタバレ感想】(MF文庫J・衣笠 彰梧)

あらすじ

新たなる特別試験、混合合宿開幕!

学期開始と共に、高度育成高等学校の全生徒は山奥の校舎へと案内される。実施される特別試験の名称は『混合合宿』。男女別に1学年を6つのグループに分割。さらに2年、3年もグループに合流するという。最終的に所属する全生徒の平均点が高かった上位3つのグループにボーナスポイントが与えられる一方、最下位のグループ責任者は退学となるという。退学処分有りの特別試験に慄く一同。そしてグループの分け方は生徒に一任。敵同士だったはずのクラスと手を組むという感情的なもつれが波乱を生む! さらに新生徒会長の南雲、そしてあの高円寺にも動きがあるようで――!?

(MF文庫Jより)

感想・レビュー

二学期終盤で怒涛の展開を見せた七巻。クリスマスなどの冬休みを見せた七.五巻。

いよいよ八巻は三学期が開幕と共に学年の垣根を越えての特別試験がはじまります。

その名は「混合合宿」という名の林間合宿みたいなものでその内容はよう実はスタイル。

その中でやはり大きく絡んできた新生徒会長の南雲。

またよう実らしい試験始まったなぁと思いきや、野郎組は風呂場で己の「ブツ」を競い合いしっかり合宿してる面々たち。

久しぶりに従来の高校生らしいところがあったのかもしれない。 笑

だが試験の方は今までより過酷な環境で、綾小路が苦手な部類の試験もあってか特に動く事はなかった、もしくはリスク含め動がなかったという感じ。

だがそれでも面白いのは世界観やシリーズモノとしてしっかりとした地盤があるからですかね。

もう他のキャラクターが動いているだけで、いずれ綾小路に収束するんだろうなぁと勝手な想像するだけでも楽しいですね。

個人的に高円寺と南雲の会話が変なツボに入って一番笑いましたね。

生徒会長に「続けたまえ」は高円寺しか言えない。笑

いよいよ三学期が終盤になるにつれ、堀北先輩たちも卒業するのですが、南雲が生徒会長についたことは今後の不穏さを感じさせます。

さぁ、どうるなることやら。

今回もトモセシュンサク氏のイラストは神でしたね。

よう実原作、画集などまとめてみました↓

紹介した本