ソードアート・オンライン 10 アリシゼーション・ランニング【あらすじネタバレ感想レビュー】(電撃文庫・川原 礫)

あらすじ

ほぼ全編にわたる新規書きおろしで贈る、『アリシゼーション』編、第二弾!

謎のファンタジー世界に入り込んでしまったキリト。VRMMOチックなその空間で最初に出会った少年・ユージオ。≪NPC≫とは思えないほど感情が豊かなその少年と共に、キリトは央都≪セントリア≫に向かい、 そして、二年が過ぎた──。 キリトとユージオは、≪北セントリア帝立修剣学院≫の≪初等練士≫となり、それぞれ先輩であるソルティリーナとゴルゴロッソの指導を仰ぎながら、人界最強の秩序執行者≪整合騎士≫を目指す日々に明け暮れていた。 央都を統べる≪公理教会≫の中枢にたどり着くため、二人はあまたの障害をはねのけ、学院にわずか十二人しか存在しない≪上級修剣士≫を目指す──! 壮大なるヴァーチャル・ワールド・スペクタクル!!

(電撃文庫より)

感想・レビュー

あまり覚えていなかったので本を引っ張り出した。

表示がソルティリーナや懐かしいと思ってぱらぱらとめくった。

所謂人界編と呼ばれる章に入っていてキリトがアンダーワールドから抜け出す為に動き出す感じですね。

学校編みたいな感じだったかな。そうそう思い出した、キリトは確か三人の時の記憶がなくなってて、ユージオとは共に別の目的で行動を共にする感じだったか。

この辺からアンダーワールドの世界観や現実側の描写、設定説明も増えてきたりだったとは思う。

紹介した本