ソードアート・オンライン 5 ファントム・バレット【あらすじネタバレ感想レビュー】(電撃文庫・川原 礫)

あらすじ

《SAO》 事件から一年が経った。 ある日。キリトは、総務省 《仮想課》 の菊岡誠二郎から奇妙な依頼を受ける。 銃と鋼鉄のVRMMO 《ガンゲイル・オンライン》 で突如発生した怪現象 《死銃》 事件。漆黒の銃を持つ謎のアバターに撃たれたプレイヤーは、実際に現実世界でも 《死》 に至る……。 その不気味な事件の捜査を断り切れなかったキリトは、《仮想世界》 が 《現実世界》 へ物理的に影響を及ぼすことに疑いを抱きつつも、《GGO》 へとログインする。 《死銃》 の手懸かりを掴むべく、不慣れなゲーム内を彷徨うキリト。そんな彼に救いの手をさしのべたのは、長大なライフル 《へカートII》 を愛用するスナイパーの少女・シノンだった。 彼女の力を借りたキリトは、自らが 《死銃》 のターゲットとなるべく、全ガンナーの頂点たる対人トーナメント 《バレットオブバレッツ》 に挑む……!! 新エピソード突入!

(電撃文庫より)

感想・レビュー

次の舞台は銃と鋼鉄の世界に移る。所謂GGO編。

朝田詩乃ことシノンが初めて登場します。

今までとは毛色が少し変わるものの、相変わらずキリトや世界観を使うのが上手いなと思いました。

やはり今巻も全体的に面白かったですね。

少し内容の記憶が曖昧だが、RMTがあったり銃に詳しくなくても楽しめました。

まだ事件は解決せずGGO編は、六巻に続きます。

あとSAOはabec氏のイラストがクオリティーが異常に高い。これは全巻に共通する。

紹介した本