ソードアート・オンライン 4 フェアリィ・ダンス【あらすじネタバレ感想レビュー】(電撃文庫・川原 礫)

あらすじ

WEB上でも屈指の人気を誇った『フェアリィ・ダンス』編、完結!!

SAOから未だ帰還しないアスナを救うため、疑惑のVRMMO≪アルヴヘイム・オンライン≫にログインしたキリト。 その次世代飛行系ゲーム≪ALO≫は、≪魔法≫という概念、プレイヤーの反応力と判断力が勝敗を決めるアクション要素、そして≪妖精≫となって空を駆け巡る≪飛翔システム≫と、≪SAO≫に勝るとも劣らない高スペックで数多のプレイヤーを魅了していた。≪妖精≫スプリガンとなったキリトは、アスナの幽閉先 ── 全プレイヤーの最終目的地≪世界樹≫目指し突き進む……! 道中、妖精種族≪サラマンダー≫のプレイヤーたちの策略により、絶体絶命の危機に陥るキリトだったが、≪シルフ≫の少女・リーファの助力、ナビゲートピクシー・ユイのバックアップを受け、どうにか九死に一生を得る。 そしてついにキリトは≪世界樹≫の根元までたどり着く。しかしそのとき、リーファとキリトは互いの≪秘密≫を知ってしまい……。

(電撃文庫より)

感想・レビュー

無事アスナと再開して現実でも初めて会う。実質的なSAOの一段落。

これも感動的だったなあと思います。

空飛びたいなあ。高所怖いけど。

須郷だったかな、名前を間違っているかもしれないがオベイロンと化した彼の名前は今後もちょくちょく出てくる。

ユイも可愛かったです。

あとキリトはALOで二回ほど髪型が変わる。

紹介した本