ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 6 【あらすじネタバレ感想】(GA文庫・大森 藤ノ)

あらすじ

大森藤ノ×ヤスダスズヒトが贈る、最強ダンジョンファンタジー、第六弾! 

「ヘスティア、君に『戦争遊戯(ウォーゲーム)』を申し込む! 」
「な、なんだとアポロン!?」

『戦争遊戯(ウォーゲーム)』──対立する神々の派閥が総力戦を行う神の代理戦争。
勝者は敗者の全てを奪う。そして敵神の狙いは──
「君の眷族、ベル・クラネルをもらう! 」
戦争開始まで期限は一週間。
更に追い打ちをかけるように今度はリリが【ソーマ・ファミリア】に捕らえられてしまう!
もはや絶望的な状況。それでも少年と『出会い』、幾多の『冒険』を経た絆が今ここに集結する。
全ては勝利のために!

『上等だ、アポロン! 僕等は受けて立ってやる、この戦争遊戯(ウォーゲーム)を! 』

これは、少年が歩み、女神が記す、
── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

アニメ化が発表された「ダンまち」の最新第6巻には、小冊子付きの限定版が同時発売されます!
 限定版のカバーはもちろんヤスダスズヒト先生描き下ろし!
 さらに小冊子には、大森藤ノ先生の書き下ろし短編に加え、超豪華イラストレーター陣によるゲストイラスト集や「ダンまち」キャラクターのイラストギャラリー&設定集を収録!
※ゲストイラストレーター:NOCO、飯塚晴子、兎塚エイジ、神奈月昇、たかやKi、みけおう、ヤス

(GA文庫より)

感想・レビュー

今回はアポロンファミリアとのウォーゲーム。

仲間が増えていく過程、神々の絡みなど流石に上手いなと。

色々と楽しめましたものの、ただ急なウォーゲームを申し込まれ気持ちは分かるのだが、ベルの強くなる方法というか過程が自分には引っかかりを覚えた。

今までの死線を超える熱い冒険は何だったのか?

仮に一度だけならまだしも、これからピンチになったら毎回アイズに修行して貰えばいいじゃないか、と少し冷めてしまいます。

まあベルの信念が出会いなので、それがスキルにも現れているし、それでいいのならいいのか。

好きだったのになぁ。ベルのこの言葉。

「アイズヴァレンシュタインに、もう助けられるわけにはいかないんだっ!」

助けられると修行してもらうの意味は違うって言いたいのだろうけど。

紹介した本