マッド・バレット・アンダーグラウンド【あらすじネタバレ感想】狂気の問題作!電撃大賞の選考委員奨励賞を受賞!

あらすじ

世界最悪の犯罪街で、一人の少女を巡る《愉快な誘拐劇》が始まる――。

「ねえ、ラルフ。ところで今日の仕事、殺しの許可は?」
「政府公認。愛と正義の為に、どうぞ連中を皆殺しにしてください、だとさ」
 おっと、勘違いするなよ? 俺とリザは、殺人もクスリも黙認してくれる寛容な犯罪街イレッダでご依頼主様のために、クズどもをぶっ殺す善良な賞金稼ぎだ。
 まぁ、ご依頼主様が良い奴か悪い奴かは関係ないがな。何より大切なのは金だ。
 そんな俺たちに与えられたのは、少女を捕らえろというちっぽけな仕事。だがそれも、悪魔の異能力者《銀使い》の襲撃で、狂気に満ちた《愉快な誘拐劇》に変わってしまったわけだが――。
 第25回電撃小説大賞で物議を醸した最大の問題作、《選考委員奨励賞》受賞。 

(電撃文庫より)

感想・レビュー

第25回電撃小説大賞“選考委員奨励賞”受賞作。

旧題「シルバー・ブレット -SILVER BULLET-」。

クソッタレの街にて、クソッタレの狂人たちが、クソッタレな人生で、何の地獄を選択するのか。

まず初めに面白かったです。

よくもまぁこんなにもセリフや描写に狂気を置けるのか。

本当に新人かと疑う程の狂気っぷりでした。

話の構成力も高く感じました。

リザとラルフの掛け合いは、聞いてて笑えるし、嫌に皮肉が効いていて退屈しないスパイスにもなります。それが終盤の絶望でまたパンチを効かせてくる。

ただそれを活かす設定の、銀の弾丸が弱い。ここが噛み合っていればもっと人気はでるはず。イラストも綺麗で好みです。

紹介した本