リベンジャーズ・ハイ【あらすじネタバレ感想レビュー】(ガガガ文庫・呂暇 郁夫)

あらすじ

スタイリッシュな近未来SF×復讐譚
第13回小学館ライトノベル大賞 優秀賞受賞作!!

砂塵という有害物質による“塵禍”で文明が一度滅びた近未来。
砂塵を取り込んで異能力に変換できる“砂塵能力者”が力を持つようになっていた。
ここ偉大都市において、チューミーは、因縁の復讐相手“スマイリー”の行方を探りながら、復讐のためにその日暮らしの生活を送っていた。
情報を追って踏み込んだとある教会で、チューミーは治安維持組織である“粛清官”の大物、ボッチ・タイダラに身柄を拘束されてしまう。
絶体絶命のチューミーだったが、ボッチからの意外な提案を受け、一時的に粛清官に協力することに。パートナーとしてあてがわれたのは「これまでバディを解消されてばかり」というワケありのシルヴィ。正反対の性格と出自を持つ二人は、はじめは反発し合うのだが……。

小気味よい筆が紡ぎ出す、唯一無二で圧倒的な世界観!!

バディものの王道でありながら、「異端」である二人を見事に描き出し、斬新なキャラ設定には舌を巻くこと間違いなし!
実力派新人による近未来SF復讐譚をお楽しみあれ!!

(小学館より)

感想・レビュー

第13回小学館ライトノベル大賞“優秀賞”受賞作。

まず純粋に面白かったです。

設定は砂塵という名のざっくりと能力モノで割と王道なんですけど、散りばめられた設定や配置に工夫を感じたのが良かったのかもしれないですね。

そして主人公の在り方に何度か驚かされる展開があって、あぁ成る程と思わされた。

それから復讐までのプロセスや終わり方も泣けてめっちゃいいですね。

全体的にかなりレベルが高いというか、器用、賢い、そんな作品でした。

挿絵も良かったですね。

ただ一つこれだけは言わせて欲しい。

アツアツの紅茶をストローで飲んだらまず吐くよね?笑

紹介した本