予知夢【あらすじネタバレ感想】ガリレオ第2弾!オカルトサイエンスミステリー

あらすじ

深夜、16歳の少女の部屋に男が侵入し、気がついた母親が猟銃を発砲した。とりおさえられた男は、17年前に少女と結ばれる夢を見たと主張。その証拠は、男が小学四年生の時に書いた作文。果たして偶然か、妄想か…。常識ではありえない事件を、天才物理学者・湯川が解明する、人気連作ミステリー第二弾。

(文藝春秋より)

感想・レビュー

ガリレオシリーズの第二弾になります。

「夢想う(ゆめみる)」「霊視る(みえる)」「騒霊ぐ(さわぐ)」「絞殺る(みえる9」「予知る(しる)」という五作品の短編集が収録。

決して派手さがあるとかではないけど、今巻も面白かった。

オカルトとミステリを科学的に暴く展開は、やはり他にない面白さであります。

湯川と草薙のコンビも十分に魅力的なのですけど、周囲の登場人物たちが動き出すだけでも十分に楽しめる。

だから終始読みやすく、気づけば科学の解決を待っている次第だ。

最後の「予知る」もそうですけど、幾つかトリックは湯川が解き明かしましたが、事件的解決が難しい場合もあり、その物語の締め方も良かったですね。

著者的に難しい判断だったとは思いますが。

そしていよいよ次巻は名作「容疑者Xの献身」です。再読するか迷いますね。

もしかしたら第四弾にいってみるかもしれませんが、間違いなく次も読むシリーズですね。

今日はこの辺でおわります。さようなら。

関連記事

合わせて読みたい

容疑者Xの献身【あらすじネタバレ感想】シリーズ第3弾!初長編にて直木賞受賞の傑作

続きを読む

合わせて読みたい

【ガリレオシリーズ・小説】あらすじや感想などを刊行順に紹介/東野圭吾

続きを読む

紹介した本

Kindle Unlimited 30日間無料体験を使ってみる