俺が好きなのは妹だけど妹じゃない【あらすじネタバレ感想】(ファンタジア文庫・恵比須 清司)

あらすじ

兄を好きな妹はフィクションなのか?

美少女で、成績優秀、生徒会長も務める中学三年生の妹――永見涼花。そんな妹が『兄を溺愛する妹の小説』を書いてラノベ大賞を受賞!? ラノベを知らない妹の代わりに兄の俺がデビューする……だと!?

(ファンタジア文庫より)

感想・レビュー

殆ど覚えていないが、妹がラノベの新人賞を獲って、兄はラノベ作家を目指していたが、妹の変わりをするというベタな感じでしたね。

いやこのときはまだこの設定は少なかったのかしら。

まあそれはおいといて、特に悪かった印象はない。

妹が結構可愛くて、文章も無難な感じで読めました。

ただ中身もあってなかったようなラノベあるある。といえばそれまでなんだが。

別にラノベだから許されるわけでもないし、文芸純文学にも同じようなことはある。

だから続刊は買っていない。

ただイラストはめちゃくちゃ良かったですね。これこそラノベのアドバンテージ。

紹介した本