先生とそのお布団【あらすじネタバレ感想】(ガガガ文庫・石川 博品)

あらすじ

まだ「何者」にもなれない「誰か」へ――。
家に猫がいる者ならたいてい「うちの猫は特別だ」という。
だが彼とともにいた猫は本当に特別だった。
九年間、小説を書くときにはいつもそばにその猫がいた。その猫がいなければ小説なんて書けなかった。
彼は猫を飼っていたわけではなかった。ただ猫とともに暮らしていた。
――本文より抜粋
これは石川布団という作家と、人語を解す「先生」と呼ばれる不思議な猫とがつむぎ合う苦悩の日々。
企画のボツ、原稿へのダメ出し、打ち切り、他社への持ち込みetc…
様々な挫折と障害に揉まれながらも、布団は小説を書き続ける。
時には読者に励まされ、時には作家仲間に叱咤され、ひとつひとつの出来事に、一喜一憂していきながら、素直に、愚直に、丁寧に、時にくじけて「先生」に優しく厳しく叱咤激励されながら――。

これは売れないライトノベル作家と「先生」とが紡ぎ合う、己が望む「何か」にまだ辿り着かぬ人々へのエール。
優しく、そして暖かな執筆譚。
カクヨムで話題を呼んだ、奇才・石川博品の同名短編小説を、大幅加筆修正した完全版。
イラストは『バッカーノ!』『異世界食堂』など、各所で活躍中の人気イラストレーター・エナミカツミ。

(ガガガ文庫より)

感想・レビュー

まるでヒロインがいそうな雰囲気の表紙であるが普通にそうでもなかった。挿絵もない。

私はガガガ文庫のこういう作品たちをガガガ文庫尖りシリーズと呼んで、大変好んでいるのですが……。

さて、物語は所謂作家もので、中年の売れないラノベ作家・オフトンが、喋る猫・先生(お爺ちゃん)との会話が緩く続いていく。

どこか漱石の吾輩は猫であるかのような。

今まで読んできた作家ものとはどこか色が違う感じで、ヒロインもなしで派手な展開もない。

逆にそれが新鮮というか本来作家なんて地味な職業なのだからある意味真実かなと。

そして最後までオフトンが売れなかったのも物語を貫けた感があってよかったです。

だからこそ最後の先生に命を感じました。

紹介した本