千歳くんはラムネ瓶のなか (2)【あらすじネタバレ感想レビュー】(ガガガ文庫・裕夢)

あらすじ

それは、ニセモノの恋の物語。
「千歳しかいないの。どうかお願いします。私と付き合ってください」

面と向かって女の子にこんなことを言われたら、大概悪い気はしないだろう。
それが、七瀬悠月のようなとびっきりの美少女ならなおさらだ。

でも、うまい話には大概裏がある。
美しい月の光が、ときに人を狂わせるように。

これは、そうして始まった、俺と七瀬悠月の偽りの恋の物語だ。

――人気沸騰の“リア充側”青春ラブコメ、待望の第2弾登場!

(ガガガ文庫より)

感想・レビュー

最高。まずそれが言いたくなるクオリティーでしたね。

前回とはガラッと趣向が変わった2巻でしたけど、しっかりと1巻のバックボーンが生きていて、特に健太は安心感が出てきて何故か自分が嬉しくなりました。

そして本題は、ありがちな偽の恋人という設定をこうも作者色に染めていき尚、面白い。

どうなってんの?と言いたくなる。ベタなの分かってるのに、どんどん悠月が可愛いく見えてくる。

悔しい。がイラストも素晴らしい。

BW特典の悠月と陽のLINEも読んだけど、次回は陽回なのか、それともまた違った趣向なのか、なんにしても期待してます。

楽しみですね。

紹介した本