君死にたもう流星群【あらすじネタバレ感想】(MF文庫J・松山 剛)

あらすじ

二〇二二年十二月十一日。それは僕が決して忘れられぬ日。
その日、軌道上の全ての人工衛星が落下し、大気圏で光の粒となり消えていった。『世界一美しいテロ』と呼ばれたこの現象にはたった一人、犠牲者がいて……! 引きこもりの少女・天野河星乃を救うため、高校生の平野大地は運命に抗う。「まさか読み終わる頃に自分が泣いているなんて考えもしませんでした」「切なさ、絶望、一縷の望みと試行錯誤の日々、さわりだけ読むはずが先が気になってもう止まりませんでした」「この作品を読んで僕も夢を諦めたくなくなりました」発売前から多くの人を感動に巻き込んだ『宇宙』と『夢』がテーマの感動巨編スタート!

(MF文庫Jより)

感想・レビュー

あらすじ軽く読んで「宇宙」「夢」という単語があったので勝手に「宇宙兄弟」や「プラネテス」「月とライカ」のような宇宙モノを想像して読み始めたのだが、まさかのタイムリープモノでした。

MFでいうリゼロやぼくリメのように未来を変えていく系。

そして物語は人生をコスパに取り憑かれた男の絶望から始まり、そこに夢と宇宙が交わる贅沢な作品だなと思ったけど、作者が器用に調理していて面白かった。

二週目の未来を変えて星乃を救う過程で、平野がどう変わっていくのか。

どんな結末を迎えるのかとても気になるような。

あとJAXAコラボのアフロの男は笑いましたね。

紹介した本