塩の街【あらすじネタバレ感想】有川浩は電撃大賞から生まれた。

あらすじ

「世界とか、救ってみたくない?」。塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。崩壊寸前の東京で暮らす男と少女に、そそのかすように囁く者が運命をもたらす。有川浩デビュー作にして、不朽の名作。

(KADOKAWAより)

感想・レビュー

第10回電撃ゲーム小説大賞’大賞’受賞。

読んだのは角川文庫版で、電撃文庫版には収録されていない話?が入っていたから、結構頁数が多かった記憶があります。

有川浩さんといえば中学生くらいの時に、母親に買ってもらった「図書館戦争」を読んだときにすごく面白かったのは今でも覚えています。

その当時は、よくあさのあつこさんの「バッテリー」シリーズとか「ハリーポッター」シリーズとかにすごくハマってたんですけど、朝読で読んで、いつもは机の中に置いて帰るんですけど、次の日の朝読まで我慢できなくて、家に持って帰りベッドで眠るまで読んでたのはいい思い出です。

とまぁ全然本作の話をしてませんでした。笑

確かに、デビュー作にもその雰囲気は微かに感じれましたね。

面白いのは面白いけど、今回はそこまでハマる感じでもなかったかしら。

いや塩の街っていう設定が既に面白いんですけど。

恋愛とSF環境をミックスさせた独創性は、やはり唯一無二だと思います。

また図書館戦争読み直したいですね。

紹介した本