小説 君の名は。【あらすじネタバレ感想レビュー】(角川文庫・新海 誠)

あらすじ

まだ会ったことのない君を、探している 監督みずから執筆した映画原作小説

山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。一方、東京で暮らす男子高校生・瀧も、山奥の町で自分が女子高校生になる夢を見る。やがて二人は夢の中で入れ替わっていることに気づくが――。出会うことのない二人の出逢いから、運命の歯車が動き出す。長編アニメーション『君の名は。』の、新海誠監督みずから執筆した原作小説。

(KADOKAWAより)

感想・レビュー

映画は見ていないが、普通に面白かったような気がします。

口噛み酒と最後のシーンが印象強い。

新海誠作品は「言の葉の庭」と「秒速5センチメートル」は映画で見ました。

特に秒速5センチメートルを見た時は、世の中にはえげつない才能があるんやと思わされて(二度と見たくないけど)、こういう創作って嫌われるだろうけど勝手に必要悪なんだろなと尊敬していたのですが、最近はすっかり国民映画代表みたいな感じで、まあ儲けてそうで何よりです。

しっかり納税してほしいですね。笑

紹介した本