晩年【あらすじネタバレ感想】(新潮文庫・太宰 治)

あらすじ

妻の裏切りを知らされ、共産主義運動から脱落し、心中から生き残った著者が、自殺を前提に遺書のつもりで書き綴った処女作品集。“撰ばれてあることの 慌惚と不安 と二つわれにあり”というヴェルレーヌのエピグラフで始まる『葉』以下、自己の幼・少年時代を感受性豊かに描いた処女作『思い出』、心中事件前後の内面を前衛的手法で告白した『道化の華』など15編より成る。

(新潮文庫より)

感想・レビュー

自殺を前提に遺書として書かれた太宰の処女作集である『晩年』。

私にとって太宰治はこの作品からはじまりました。

「葉」「思い出」「魚服記」「列車」「地球図」「猿ヶ島」「雀こ」「道化の華」「猿面冠者」「逆行」「彼は昔の彼ならず」「ロマネスク」「玩具」「陰火」「めくら草紙」15作品が収録されている。

その短編全ての手法が独特で、常に新鮮に読めた。太宰はいつも常に人とは違うレモンの切り口を探していたということをどこかで聞いたような気がするが、何となくそれがわかった。

そして当たり前のように文中に太宰本人が出てきたり、結構笑える場面あったかと思えば突き放したような終わり方。

不器用なんだけど器用というか、太宰が苦しみから解放されたい告白のような感じもした。

また何年後かに読んでみたいと思う、と自分に残しておく。

紹介した本