走れメロス【あらすじネタバレ感想】(角川文庫・太宰 治)

あらすじ

執筆活動の充実ぶりを示す、中期の佳作9篇

妹の婚礼を終えると、メロスはシラクスめざして走りに走った。約束の日没までに暴虐の王の下に戻られねば、身代りの親友が殺される。メロスよ走れ! 命を賭けた友情の美を描く表題作など10篇を収録。

(KADOKAWAより)

感想・レビュー

「富嶽百景」「懶惰の歌留多」「八十八夜」「畜犬談」「おしゃれ童子」「俗天使」「駈込み訴え」「老ハイデルベル匕」「走れメロス」「東京八景」の10作収録。

新潮版とどちらを読むか迷ったのですが、角川版の方が10作品収録と、個人的に「走れメロス」以外被りもなかったので、こちらを読みました。

序盤の数作品は、そこまで力強さみたいなのを感じなかったのですが、「走れメロス」は懐かしく、良かったです。

あと一番最後の「東京八景」は、太宰の良さが出でいて晩年を思い出しました。

これこれ、これが読みたかったんだという高揚があって、この作品だけはもう一度読んでみたい良作です。

紹介した本