鏡のむこうの最果て図書館 光の勇者と偽りの魔王【あらすじネタバレ感想レビュー】(電撃文庫・冬月 いろり)

あらすじ

空間が意思と魔力を持ち、様々な魔物が息づく世界・パライナの北端に、誰も訪れない《最果て図書館》はあった。
 記憶のない館長ウォレスは、鏡越しに《はじまりの町》の少女ルチアと出会い「勇者様の魔王討伐を手伝いたい」という彼女に知恵を貸すことに。
 中立を貫く図書館にあって魔王討伐はどこか他人事のウォレスだったが、自らの記憶がその鍵になると知り……
 臆病で優しすぎる少女。感情が欠落したメイド。意図せず世界を託された勇者。
 彼らとの絆を信じたウォレスもまた、決戦の地へと赴く――
 これは、人知れず世界を守った人々のどこか寂しく、どこまでも優しい【語り継がれることのないお伽噺】

(電撃文庫より)

感想・レビュー

第25回電撃小説大賞“銀賞”受賞作。

旧題「鏡のむこうの最果て図書館 光の勇者と偽りの魔王」。

RPG風の中に不思議なメルヘンチックな雰囲気とでもいうのか、独特の世界観があって面白かったと思います。

話の流れが途中で退屈に感じる部分もあったと思いますけど、作品自体が持っている独自のペースが結果一つの小説としての色を作っていたんじゃないかと読後に感じました。

王道的なストーリーラインではあるので、読書をはじめたばかりの学生さんとかにもオススメできるかと思います。

好きな人にはもっと刺さる小説なんだと思います。

紹介した本