高校事変 II【あらすじネタバレ感想】日本の闇と戦うJKバイオレンスアクション

あらすじ

最大の問題作、待望の第2弾。日本の「闇」を暴き出すバイオレンス文学!

世間を震撼させた「武蔵小杉高校事変」から2か月――平成最悪のテロリストの次女・優莉結衣は新たな場所で高校生活を送っていた。そんな中、結衣と同じ養護施設に暮らす奈々未が行方不明に。さらに、多数の女子高生が失踪していたことも判明する。結衣は奈々未の妹に懇願され調査に乗り出すが、JKビジネスや特権階級の存在など、日本社会の「闇」の数々が浮かび上がってくる。問題作ダークヒロインシリーズ第2弾!

(KADOKAWAより)

感想・レビュー

前回同様今巻も暴れ倒した優莉結衣。

jkビジネス、貧困格差、性犯罪、警察公安の矛盾、上級国民の犯罪は許される、猟奇殺人、超電磁砲、空を飛んだり、累計100人以上死亡などなど……

と、まだなんか他にも色々とやばい内容でしたが、あまりにも内容が前回の元安倍首相みたいな総理といい、現代チックなので、昔だったら確実に発禁処分になってそうで笑ってしまう。

だが松岡さんは、その闇の部分を躊躇なく踏み越えていくからこそ、これ程までにエネルギッシュな作品になるのだと思います。凄い。

松岡圭祐氏には怖いものはないのか?と言いたくなる。

ただ今回は姉妹がいい子たちだったので、特に中一の妹が可哀想で心が結構痛んだが、何とか最後に二人とも助かって少し安心しました。

あとこれは余談ですが、教師の変顔で顔認証誤魔化すところはめっちゃ笑えました。

こういうシリアスな際中に小さな笑いが取れるのも上手いなぁ、と思います。

次巻も追いたいと思います。

紹介した本