Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ 1【あらすじネタバレ感想】(角川書店・桜井 光)

あらすじ

「Fate」の原型――「Fate/Prototype」のスピンオフ!

 7人の魔術師と7騎の英霊が契約し、あらゆる願いを叶える願望機・聖杯を賭けて戦う殺し合い「聖杯戦争」――。1999年に魔術師・沙条綾香と、英霊・セイバーが契約した聖杯戦争から遡ること8年、1991年に起きた聖杯戦争では、綾香の姉・愛歌がセイバーと契約していた。綾香にとって姉の愛歌は、容姿端麗・才色兼備で、あこがれの存在である。幼い綾香は、その先の過酷な運命を、知る由もなかった……。 「Fate/stay night」の原型、「Fate/Prototype」の前日譚を、桜井光と中原が美しく描くスピンオフ!

(KADOKAWAより)

感想・レビュー

色々とFateシリーズや型月作品を触れてきた中で、さて蒼銀はどうだろうという感じで購入しました。

ミニゲームとかでは先行で見たことはあったと思いますが。

そしてまず読み終えた感想は「おお、面白いかも」と思ってすぐに次巻購入を決めましたね。

文体も軽めなのでスラスラと読めると思います。

本家プロトタイプとは違う新しいプロトタイプ世界。

単行本の値段が結構お高めなのですが、イラストもかなり良く、紙の感触も香りもいい匂いだったので納得出来ました。

それにしても小さい頃の綾香可愛いかったなあ。

紹介した本