いなくなれ、群青【あらすじネタバレ感想】(新潮文庫nex・河野 裕)

あらすじ

11月19日午前6時42分、僕は彼女に再会した。誰よりも真っ直ぐで、正しく、凜々しい少女、真辺由宇。あるはずのない出会いは、安定していた僕の高校生活を一変させる。奇妙な島。連続落書き事件。そこに秘められた謎……。僕はどうして、ここにいるのか。彼女はなぜ、ここに来たのか。やがて明かされる真相は、僕らの青春に残酷な現実を突きつける。「階段島」シリーズ、開幕。

(新潮社より)

感想・レビュー

河野裕さんは初読みになります。

不要な人格の一部分を捨てた島『階段島』で、悲観主義者だった七草と理想主義者だった真辺が再会するお話。

一応青春ミステリーと名をうたれているのだけどこれは、ミステリーの皮を被った青春ファンタジー、SFというのがしっくりくる。

でも読了してなるほど、タイトルかっこいい。

登場人物たちが全員過去の成長する前の自分達なのに、最後は成長した自分達に抗おうとするのが面白いなとは思ったけど、結局何も解決はしてない。続編ありきなのだろか。

個人的には序盤からピストルスターあたりまでの七草の悲観主義な一人称は好きでした。

紹介した本